読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愛の無い映画」

ベッドシーンや恋愛描写が少ない映画を探し求めるブログ

アントマン

アントマン

 

安心度★★★★ (でも気に入らない部分もあり)

って最初は思ったけど、やっぱり★3にします

 

恋愛描写:作中では描写なし  キスシーン:あり  ベッドシーン:なし

ジェンダー:まあまあよし

 

なんでキスした!?2016大賞候補

 

原題「Ant-Man」 2015年公開 監督:ペイトン・リード

 

あらすじ

マーベルコミックスアントマン」の実写映画。

窃盗の罪で服役していたスコット・ラング(ポール・ラッド)は、離婚が原因で別居していた娘のキャシー(アビー・ライダー・フォートソン)にふさわしい父親になるため、更正することを誓う。しかし、前科があることを原因に次々とリストラされたスコットは、仲間のルイスに誘われて結局富豪の家に金銭目当てで侵入する。ところが、その「富豪」とは、天才科学者ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)であり、スコットの潜入技術の腕を買い、スコットに「アントマン」になってほしいと依頼する。

その依頼とは、自身が開発した物体縮小技術を軍事技術に転用し売ろうとしている弟子のダレン・クロス(コール・ストール)を止めて欲しいということだだった。ピム博士の娘ホープ(エヴァンジェリン・リリー)からの反発を受けながら、スコットはアントマンとして、小さな体となり、ありんこたちと協力しながら任務を遂行するための訓練を受けるが、果たして彼はダレンを止めることが出来るのだろうか。

 

感想

 全体的にすごく面白かったです!映像も音楽も良し!

 体が小さくなるヒーローということで、日常でわたしたちが使っている何気ないものですら、小さな体のスコットには脅威になるし、戦場にもなる、という点が愉快でした。キャラクターも、それぞれ個性があり、ユーモアにあふれていて、見ていて飽きずに楽しめます。悪役のダレンですら、非常に愛おしい。すっごく面白いんです。また、アントマンの世界は、アベンジャーズの世界とも繋がっていますが、ものすごく庶民的というか、例えばヤクルト(飲む方)やサーティーワン、トーマスなど現実に存在する、商標登録とかされてそうなものがガンガン出てていて、すごく現実に近い世界が描かれています。

 ジェンダーに関しては割りとフラットです。全然問題なく観られます。しかし、鑑賞後にちょっと引っかかったのは、ホープの肩書が結構典型的な「紅一点」であったこと。男ばかりの世界に一人だけ女性が居る、そしてそこにいることができる理由は「技術担当の博士の娘」であり、美人で、主人公のきっすのお相手になるっていう、紅一点の典型なんですよね。例えばウルトラマンとか、昔の「職場の花」がでてくる作品の女性にめちゃくちゃ多い設定なんですよ。ただ、ホープはかなりの実力者で、お飾りではないし、スコットと結婚することが目的ではないキャラクターなので、中身を見ると「紅一点」とはいえないのかもしれませんが、やはり気になる点ではありました。彼女は最終的には「ご褒美」役ですしね。

 あと!それに関連して!!いや関連してなくてもめちゃくちゃ怒ってるんですけど!!!!ネタバレになるんですけど!!!最後スコットとホープはキスするんですよ!!!!!なんでや!!!!!作中で二人は恋愛をしたりとか、いいかんじの雰囲気になるとか、全然そういう描写はなかったのに、任務遂行の後、キスします。いきなり!最後の最後、時間もないのにわざわざわざわざ入れてくる意味あった????必要なかったんじゃん????なんなの???????とすっごく怒っていますわたしは!あれのせいで、ホープは結局主人公への「ご褒美」になってしまったし、ホープに「認められた」スコットは真のヒーローになる。落ちぶれた人間がヒーローとして成り上がっていくという、悪い意味での!典型的なヒーローストーリーなんだなって、このシーンで痛感しました。そこが最低!!って思ったんですけど、まあ全体的には面白かったです。

 ホープの肩書きとキスさえスルーできればおすすめです!

 

詳細感想

 

 

 

 

 

 

脇役のルイス(マイケル・ペーニャ)がとてもよかったです。陽気でお馬鹿でポジティブな彼を見ていると、笑えるし、癒されるし、この作品におけるマスコットキャラクターというか、清涼剤みたいな存在でした。ルイスがいなければこの作品の面白さは半減したんじゃないかな?ってくらいです。また、キャシー役のアビーちゃん、歯が生え変わる時期だったのか、前歯が2本くらいなくて、それが非常に愛らしかったです。演技も可愛い!

 

悪役のダレンがね....すっごいヤンデレで.....博士の弟子として頑張ってたんだけど、博士の開発した技術について教えてもらうこともなく、しかも捨てられちゃったっていう経歴の持ち主なんですよ。それでその後、博士の会社?の重鎮になって、博士の技術を盗もうとめちゃくちゃ頑張るんですよね。その技術をヒドラ党(キャプテン・アメリカとかにも出てくる、カルトっぽい悪い組織)に売ろうとするので、そこが悪役たる原因なんです。なんか性格も粘着質でいかにも!な悪役なんですけど、なんかストーリーを追うに連れて、えっダレンめっちゃかわいそうじゃない.....?博士にたぶらかされて捨てられちゃってかわいそう......博士にまだ未練があるんだねその開発も博士に執着するあまり周りが見えなくなってしまったんだねヤンデレなんだね.....ヤンデレ......かわいそかわいい......みたいになってくるんですよ。ダレン!!!!かわいそかわいい!!!!博士のクズ!!!!!博士がダレンに優しくしてあげたらこんなことにはならなかったのにダレンのこと捨てた上にその辺から拾ってきた無職のおっさんをかわいがるから!!!!!そりゃダレンもキーーーー!!ってなるわ!!!ってかんじなんですよ。

 そんで、その一方でスコットは成り上がってヒーローになってキスっていうご褒美をもらっちゃうわけじゃないですか。そんな可哀想な結末ありかよ!!!!ダレンは誰にも愛されることなく退場するわけですよ....しかもその退場の仕方も雑で、キスする暇があったらそのへんちゃんと描いてくんない???ダレンかわいそすぎじゃん?????

 

 そう、この映画はダメな男がヒーローとして成り上がる典型的な話だと思うんですよ。だけど、監督インタビューでは、「彼はヒーローとしては使わない。彼は『オーシャンズ11』のジョージ・クルーニーのようなものだ。彼は自分のために新しい人生を築き、贖罪を見つけようとする男だ」と言っていたらしく(wikiで見ただけで出典を確認できてないんですけど)、うーーーーんわたしの解釈とは違うので、どうなんだろう、という気持ちもあります。贖罪、という面もなくはないですが、うーーーーん

 

アントマン2では多分害虫駆除専門家と戦うに違いないとか勝手に思ってます。スコットはアントニーを大事にしてるのかしてないのか分かんないし、アントニーを酷い目に遭わせた理由もいまいちだったので(戦う理由が、アントニーの復讐!!!!ってところからすぐに娘を守らなきゃっていうものに変わるから)、アントニーを扱いを!!!!!よくして!!!!!あんな変なキスシーンいれるくらいならアントニーの最後を丁寧に描いて!!!!!とおもったりしました。

 

 

とにかくあのキスシーンなんなんだよそれ以外は面白かったけどあのキスシーンなんだったんだよっていう映画でした。

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド

 

安心度★★★★

恋愛描写:ちょっとあり キスシーン:あり ベッドシーン:なし

ジェンダー:すっきりはしないけど怖がる必要はなし

 

なぜここでキスした2016大賞候補

 

原題「jurassic World」 2015年公開  監督:コリン・トレボロ

 

あらすじ

ジュラシック・パークから続くシリーズものの第四作。

22年前、再生された恐竜が人を襲うという惨劇が起きたイスラ・ヌブラル島に、新たなテーマパーク「ジュラシック・ワールド」が建設された。観光地として絶大な人気を誇るパークの次の目玉は、ハイブリッド恐竜の「インドミナス・レックス」。パークの運営責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、上司のサイモンから、巨大で凶暴な新種の管理をオーウェンクリス・プラット)に依頼せよと言われる。オーウェンは凶暴なヴェロキラプトルを飼いならすことに成功した人物で、クレアの恐竜に関するビジネスライクな態度とは対称的に、恐竜との信頼関係に重きを置く人物である。恐竜の管理をめぐって、様々な主張やイデオロギーが対立するなか、なんとうっかりレックスが脱走し、人々を容赦なく襲っていく。パークの中は大混乱、たまたまパークに来ていたクレアの甥ザック(ニック・ロビンソン)とグレイ(タイ・シンプキンス)も巻き込まれてしまう。ザックとグレイを助けるため、レックスを捕獲するため、クレアとオーウェンは手を組み、危険なジャングルの中に踏み込んでいく。

 

感想

 やっぱりティラノサウルスは強いなあ~!!って映画です。

 

 

以下ネタバレありその他感想

続きを読む

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

 

安心度★★★★

恋愛描写:ちょっとあり  キスシーン:あり  ベッドシーン:なし

ジェンダー:ほぼ気にならない  男女比:男性メイン

 

原題「Captain America:The First Avengers」   2011年公開

監督:ジョー・ジョンストン

 

あらすじ

 マーベル・コミック原作の実写映画。キャプテン・アメリカの誕生を描くスーパーヒーロー・アクション映画。

 舞台は第二次世界大戦中のアメリカ。主人公のスティーブンは、病弱ながら軍隊に入隊し、ドイツヒドラ党と戦うことを望んでいる。親友のバッキーは軍曹として出征することが決まっているのに対し、スティーブンはそのひ弱さ故に入隊すらできないままでいた。そんなある日、政府の秘密実験に携わるアースキン博士と、エージェントであるペギー・カーターにその誠実さと正義観を見込まれ、実験の被験者に選ばれる。実験の成果により筋肉モリモリになったスティーブンは、「キャプテン・アメリカ」として一躍国のヒーローになるのだが....

 

感想

 面白かったです!原作についての知識はほぼないままの観賞でしたが、全く問題ありませんでした。

「アメコミ原作」「軍隊ヒーローもの」「戦中のアメリカと『正義』」ということで結構身構えてたんですが、ジェンダー観も恋愛描写も思ったよりフラットで観やすかったです。主人公が愛国心に満ちた筋肉モリモリの金髪白人なので、「アメリカ的な」マッチョに描かれているのかとおもいきや、全然そんなことありませんでした。主人公はもともとひ弱で、軍や戦うことには全く向いていなかったのですがそれゆえに力を得ても驕らず、「名誉男性」化することもないです。作中で主人公スティーブンは軍の上司ペギーと恋をしますが、それは力と名誉を得た名誉男性が女性も獲得する、ということを表すものではないので、結構サラッと観ることができると思います。なんといっても!「大事な人を亡くした時にそばにいた異性とキスしたりセックスしちゃう」という展開がありません!これはわたし的には大きいです!また、ペギーが主人公に味方をする理由が、「惚れた弱み」ではなく「信念」だ、と言うシーンがあるのですが、そこがとてもよかったです。作中でのキャラクターたちの言動の理由に、恋愛が干渉しすぎておらず、恋愛がストーリーの流れを邪魔するとか、ストーリーやキャラクターの行動からリアリティを奪うとかいうようなことがない作品でした。

 それから、キャラクターの人種や出身も様々だし、「アメリカ」の正義をゴリ押ししていない(他国を具体的な「悪」として描いてない)など、そのあたり結構意識しているようにおもいます。メインの登場人物の男女比については、舞台が軍のなかということもあり、女性はペギーのみです。いわゆる紅一点というやつですが、かなり実力をもった人物として描かれていて、典型的な紅一点としての役割(職場の花、セクハラの相手、男性の強さ・理論的な面を強調するおバカキャラ)というようなところは感じさせないようになっています。ただ、主人公の恋愛の相手、というポジションとして登場しているのだなという部分はやはり感じるので、星4にしました。でも、かなりフラットな作品であることは間違いありません。

 人の死・戦い・正義に関して結構大味だなという部分もありますが、思っていたよりは許容範囲かなとおもいます。主人公クリス・エヴァンスの筋肉はすごいし、親友バッキーの顔は美しいし、おすすめです!

 

 

その他感想ネタバレあり

続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

 

安心度★★★★★

恋愛描写:なし  キスシーン:なし  ベッドシーン:なし

ジェンダー:全く気にならない  配役・キャラクターの男女比:◎

 

原題「Guardians of the Galaxy」 2014年公開  監督:ジェームス・ガン

 

あらすじ

マーベル・コミック「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」の実写映画。

ピーター・クイル(クリス・プラット)は、小さい頃に地球から攫われてトレジャーハンターとなった。ある日クイルは、仕事の一環で小さな球体・オーブを盗む。オーブの正体は強大な力を持った石であり、クイルはその力にによって宇宙の滅亡を目論むロナン(リー・ペイス)に追われることとなる。クイルは、ロナンの部下・ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、口の悪い賞金ハンターであるアライグマ・ロケット(声:ブラッドリー・クーパー)、その相棒グルート(声:ヴィン・ディーゼル)、切れやすい囚人ドラックス(デイヴ・バウティスタ)の4人と手を組み、ロナンの計画を阻止しようとする。

 

感想

 SF、アクション、銃撃、戦闘飛行船での派手な空中戦が好きな人に超おすすめ。音楽もキャラクターもいいです!

 おすすめとしか言いようがないんです、わたしこの作品大好きなんですけど、いいところがいっぱいあるので、もうほんとに観て下さい!としか言えない!

 最初から最後まで、キスも恋愛描写もなく、何の心配もせずアクションを心から楽しむことが出来ます。登場人物たちは、それぞれ色んな過去を背負っていますが、よくある、悲しい過去の告白→共感→なんか唐突にセクシーな雰囲気になる→キス&セックスみたいな展開にはなりません。ないどころか、そういう展開に対して厳しいというか、フラグがたってもバキバキに折ってくるので、ああいった展開の苦手な人には清々しさすらあるかも。悲しい過去は、そのキャラクターの背景や性格、感情を描く上で必要なものではあるけれど、それを利用してセックスに持ち込んだりはしません。悲しい過去は誰もが持っている。過去は過去。音楽や会話のテンポもよく、全体的に明るく、愉快でポップな作品です。そのギャグも嫌味なく、登場人物たちのひょうきんさが感じられるものとなっています。

 ほんとうにおすすめです!!

 

以下ネタバレあり詳細

続きを読む

マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール

 

安心度★★★

恋愛描写:あり  キスシーン:あり  ベッドシーン:なし

ジェンダー:ヒロインに関して違和感あり  配役:△

 

原題「Man of Steel」  2013年公開  監督:ザック・スナイダー

 

あらすじ

 DCコミック「スーパーマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。

スーパーマンは何処で生まれ、どうやってヒーローになったのか。母星・クリプトンで生まれ、地球で育ったクラーク(ヘンリー・カヴィル)は、自分の力と生い立ちに悩みながら、仕事を点々として暮らしていた。その生い立ちを調べる途中で、記者であるロイス(エイミー・アダムス)や、父であるジョー=エル(ラッセル・クロウ)と出会い、スーパーマンとして自分の力を使うことを決心する。そんなとき、地球に接近する謎の宇宙船が現れ、クラークの引き渡しを地球に求める。宇宙船でやってきたのは、過去にクリプトンから追放されたゾッド将軍であり、その野心のためクラークの生い立ちに関わる「あるもの」と、移植地を探し求めていたのであった。地球を移植地とするため人類を滅亡に追いやろうとするゾッドと、スーパーマン・クラークの戦いが始まる。

 

 

感想

 原作ありのスーパーヒーローものということで、ジェンダー観やヒロインの扱いについては覚悟して観ました。感想としては、ジェンダー観もひどくなかったし、キスシーンも一瞬だったので悪くはなかったんですが、そもそもこのヒロイン必要だったのか?という根本的な部分でずーっともやもやするような作品でした。

 ヒロインが、というか、全体的に、なぜその登場人物がそのシーンに登場するのか、なぜその役割を負っているのかという部分についての説得力が弱かったように思います。ヒロインであるロイスは、ほぼ全シーンに出てきますが、どの場面でも、なぜロイスがそのシーンに出てきているのかが正直分からなかったです。ロイスが必要だから出てきている、というよりは、クラークと共に行動したり、恋愛させるためのヒロインが必要で、そこに女であるロイスをあてがった、みたいな、キャラクターとその関係性っていう枠が事前に用意されていて、それに合わせてただキャラクターを動かしてみた、みたいな、そういう薄っぺらさがありました。一番その薄っぺらさが分かりやすかったのがヒロインポジションだったので、ジェンダー的に微妙という評価になりましたが、どちらかというと、単純にストーリーとキャラの配役が下手な作品だったのかもしれません。

 ただ、アクションものとしては、非常に派手で、楽しいと思います。また、主演のヘンリー・カヴィルがすっごくいい!セクシー!ただし、この映画二時間半あるので、アクションとヘンリー・カヴィルの美しさだけで見続けるのは結構しんどいかな?わたし的にはあまりおすすめ度はひくめ。

 でもほんとにヘンリー・カヴィルのキュートで美しくてセクシーなところは素晴らしかったです。

 

以下ネタバレあり詳細

続きを読む

マジック・マイクXXL

マジック・マイクXXL

 

安心度★★★★

恋愛描写:なし  キスシーン:なし  ベッドシーン:なし

ジェンダー:概ね気にならない

※シモネタ(?)、セックスに関するあけっぴろげなトークあり

 

原題「Magic Mike XXL」 2015年公開  監督:グレゴリー・ジェイコブズ

 

あらすじ

コメディ・ドラマ映画。「マジック・マイク」からの続編です。

伝説のストリッパー・マイク(チャニング・テイタム)が、ステージを引退してから3年。かつてのストリッパー仲間であるケン(マット・ボマー)、リッチー(ジョー・マンガニエロ)、ティトー(アダム・ロドリゲス)、ターザン(ケビン・ナッシュ)と共に、最後のステージに立つためマートルビーチのダンスコンテストに向かう。その途中で色々なトラブルに巻き込まれながらも、各地で女性たちを楽しませ虜にするダンスを披露していく。

 

感想

 ステージシーンが最高にいい!イケメン!筋肉!ダンス!照明!音楽!マット・ボマー!!「みせる」ということをすごく意識したエンターテイメントでした。最初から最後まで通してストーリーを追うのもおすすめですが、ステージシーンだけ見るのもすごく楽しいと思います。特にラスト30分のステージは最高にテンションが上がる!前作を見ていないので、前半のストーリーで背景が分からず少し戸惑った部分もあったのですが、メインのダンスはすごく楽しめましたし、全体としては問題なく観ることが出来ました。

 男性ストリッパーたちを描いたこの作品、見ていてとても気持ちが良いです。なぜなら、「女性が、自分の欲望を叶えるエンターテイメントを楽しむ」ことを邪魔する存在がいないから。「究極の女子会パーティーエンターテイメント」という公式の煽り文句にも納得の作品。女性が好きな格好をしてセクシーな男性を愛でること、そういう遊びにお金を使うこと、楽しむことを咎める存在がいないんです。むしろ、ストリッパーたちは女性たちを楽しませることに全力。男性が、女性を楽しませて「あげる」ではない。ストリッパーは最高の体とショーを、客は派手なおひねりを。ストリッパーと客が、それぞれの役割を持ち、お互いを尊重しながら最高の空間を作っていく、そういう様子を見るのは、すっごく楽しいですよ!ほんとにテンション上がります。私もああいうエンターテイメントに触れたい!!とすごく羨ましくなりました。

 さて、この作品で出てくるダンスはセクシーで、セックスを模した卑猥な動きも多いんですが、わたしは問題なく見られました。セックスそれ自体をメインにしているのではなくて、エンターテイメントとしてストリッパーたちを「みせる」ダンスだったと感じたからです。★4にしたのは、シモネタというか、性に対してあけっぴろげ?なところがあるから。大人の女性が、夫とのセックス事情をしゃべったり、ダンスのMCで直接的な言葉が出てきたりします。わたしはそういう話に慣れていないので、ちょっと恥ずかしく居心地わるいところもあったのですが、ジェンダー的にしんどくなることはありませんでした。恋愛描写もありません。ただ少しだけ、ゲイやレズビアンに言及する部分があります。

 

 男性の筋肉や体を何も考えずに単純に楽しむことができる作品です。おすすめ!

 

以下詳細感想

続きを読む

キングスマン

キングスマン

 

安心度★★★★

恋愛描写:なし  キスシーン:なし  ベッドシーン:あり(一瞬)

ジェンダー:全く気にならない

※DV、派手な出血、ちょっとグロテスクなシーンあり

 

原題「Kingsman:The Secret Service」  2015年公開  監督:マシュー・ヴォーン

 

あらすじ

 スパイ・アクション映画。

 ロンドンにある高級テーラー「キングスマン」、しかしその実態は難事件やテロリストを相手取る最強スパイ組織だった!

 幼少期に父を亡くしたエグジ―(タロン・エガートン)は、ある日ハリー(コリン・ファース)なる人物に出会う。彼の正体は「キングスマン」のエージェント・ガラハッドであり、新人スパイ候補としてエグジ―をスカウトする。他の候補たちと訓練を受け、スパイの座をかけて競いあうエグジ―。一方ハリーは、世界規模のテロを目論むヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)の動きを探っていた。はたしてエグジ―はスパイになることができるのか?そしてハリーはテロを阻止することができるのか?

 

感想

 ベッドシーンというか、セックスを匂わせる描写が結構唐突に入ります。それ以外はジェンダー観も全然気にならないし、無駄な恋愛描写もなかったし、ずーっと安心展開で気を抜いてたのですっごくびっくりしました。ドッキリかってくらい唐突です。というか多分ドッキリなんです。ネタバレになるかと思って書くのを躊躇ったのですが、ほんと肝が冷えたので書いてしまいます!ベッドシーンがあります!!最後に!!!

 唐突ではありますが、無駄な演出だったり、恋愛描写を入れておいたらいいだろうという雑な意図によるものではありません。この作品の方向性を表すためのユーモアあふれる演出だったとおもいます。セックスで笑いを取ってオチをつけてくるというところからも明らかなんですけど、この作品、全体的に下品で悪趣味なんですよ!しかしそういう下品さ、悪趣味さも含めて非常にセンスのいい仕上がりになっています(合う合わないはあるとおもいます…)。音楽良し、小道具よし、映像よし、アクションよし、「ノンストップ・スパイアクション」という公式の宣伝通り、とてもテンポが良く、疾走感があります。見ていてとても気持ちがいい!お上品さと下品さが織り交ぜられていて、なんともいえず爽快、いい意味で馬鹿になれる作品!舞台がイギリスの高級テーラーということで、登場人物のファッションもすごくきまっています。作品にはコリン・ファースのほか、マーク・ストロングマイケル・ケインマーク・ハミルなども登場するので、スーツ萌えの方、おじさん萌えの方にはたまらないと思います。おすすめ!

 

以下ネタバレあり詳細

続きを読む